先生

日本語教師の資格を取ろう|母国語を教える準備

国際交流の最先端で働く

先生

日本語教師は国内外の日本語学校で主として外国人を対象に日本語教育を行う教育者です。日本人に対して国語教育を行うのとは異なる専門性が求められるため、専門学校等で所定の学課を履修し資格を取得してから就職を目指すのが一般的です。

詳細を確認する

外国人に日本語を教える

勉強

最近日本に訪れる外国人が急増し、外国人に日本語を教える日本語教師の需要も増えてきました。日本語教師として仕事をする場合、特に資格は必要ありませんが日本語を外国人に説明できる力や日本文化を外国人に紹介できる実践力を身につけているとよいでしょう。

詳細を確認する

得意な日本語スキルを

文房具

得意な日本語を活かして仕事をしてみたいのならば、日本語教師を目指すのは良い選択肢です。もし、そのために資格を取りたいのならば、專門のスクールに通うことをオススメします。日本語教師に必要な経験や知識を、教育実習や講義等で身につけることができるため安心です。

詳細を確認する

日本語を教えるためには

英語

日本語教師として働くための国家資格は実は存在しません。ですが、海外などでプロの日本語教師として働きたい場合、求人には「日本語教師有資格者であること」という条件がついていることがほとんどです。そのため、何らかの形で日本語教育について学ばないと資格を得られません。日本語教師の資格として認められているのは、以下の三つの基準の最低一つ以上を満たしていることが条件です。一つ目は大学で日本語教育を履修し卒業していること、二つ目は420時間以上の日本語教育を受けていること、三つ目は日本語教育能力検定試験に合格していることです。このとき注意したいのが、通信教育では二つ目の基準を満たせないということです。そのため、民間のスクールに通うか、通信教育で学んだ上で検定試験を受けるかという条件が必要となります。

もし現在大学進学を考えている高校生ならば、日本語教育が履修できる大学を探し、そこへ進学するのが日本語教師になるための早道です。ですが、そうでない人は大学で学ぶという方法は金銭的にも時間的にも大変な方法です。そのため、ほかの方法を選ぶのが一般的です。時間的に余裕がない人は、日本語教育能力検定試験を受けて合格すればいいだろうと考えるかもしれませんが、この試験は独学で合格するのはかなり困難です。そのため、試験対策としても民間のスクールや通信教育で学ぶ方が効率がよくおすすめです。実際に日本語教師として働いている人は、日本語教育能力検定試験は合格している人が多いので、通うタイプのスクールでも通信教育でも自分にあった方法で学び、試験合格を目指すと良いでしょう。