勉強

日本語教師の資格を取ろう|母国語を教える準備

国際交流の最先端で働く

先生

外国人に日本語を教える

現代はグローバル化の時代と言われています。旅行のような人の移動はもとより、金融・経済・娯楽などさまざまな分野で地球規模での交流が盛んになっています。日本もまたその渦中にあり、就労や留学などを目的として日本を訪れる外国人の数は年々増加傾向にあります。そんな中、近年大きな注目を集めている資格があります。それが日本語教師です。日本語教師とは日本語の文法や会話能力を教える教育職ですが、対象が日本語を母語としない人々という点でいわゆる国語教師とは異なります。あくまでも独自のメソッドに基づいて「外国語としての日本語」を学ばせる専門家であるというのが特徴です。日本語教師の資格は国家資格ではありませんが、いくつかの教育関連団体が独自の資格検定を実施しています。

専門的な知識が必要

日本語教師の主な就職先は国内外の日本語学校です。日本語学校は留学生や日本に来て働いている外国人、あるいはこれから日本で学んだり働いたりしようと計画している外国人に対して日本語習得の機会を与える学校です。来日外国人数の増加に伴って新設校も増えていることから、就職市場においても高い人気を誇っています。日本語教師は無資格でもなることは可能ですが、どの程度の専門的知識が必要とされるかについては国が学習時間に関する一定のガイドラインを提示しています。また、大半の日本語学校もこのガイドラインに沿った能力を持つ人を求めています。そのため日本語教師を目指す人はまず大学や専門学校等で所定の学習時間を満たし、資格検定に合格してから求人に応募するというのが一般的なスタイルとなっています。