勉強

日本語教師の資格を取ろう|母国語を教える準備

外国人に日本語を教える

勉強

最近人気が上がっています

日本語教師とは日本語を母国語としない外国人に日本語を教える教師の事を指します。最近では日本に観光に来る外国人が増え、東京オリンピックも近いため日本語を学びたい外国人が急増しています。そのため外国人に日本語を教える日本語教師の需要が高まっています。日本語教師になるための国家資格などは存在しません。「日本語教育能力検定試験」がありますがこの試験の合格者でなくても日本語教師をおこなうことができます。つまり特に資格を習得する必要はなく、語学学校やカルチャーセンターの「日本語教師養成講座」などを修了しても日本語教師になることができるのです。やる気になれば資格が無くてもできるというのが日本語教師の仕事の魅力で人気が高い理由といえるでしょう。

仕事の特徴

日本語教師の仕事は国内では外国人を対象とした日本語学校などの日本語教育機関などで日本語を教えることが主です。また国際文化交流センターなどで外国人を対象に日本語を教える日本語教師ボランティアとして活動している人もいます。海外では現地の日本語学校や日系企業の会社などが仕事の場としてあげられます。日本語教師は外国人を相手にしますので外国語はもちろん、日本語を外国語に置き換えて説明できるように日本語の理解も必要です。また異文化に対応でき、異文化コミュニケーションに興味のある方が向いている仕事といえます。そのほか日本の文化を紹介する機会も多くなりますので日本の文化を理解し可能であれば実践できることが望ましいです。例えば生け花や着付けなどの日本文化を身につけておくことは日本語を学んでいる外国人に日本の文化をも学んでもらうことができるのです。そのためには生け花の免許や着付け師の資格などを習得しておくのもよいでしょう。